不動産売却にあたって

不動産売却のポイント

不動産売却のポイント イメージ画像 不動産を売却するといった経験は、投資家でもない限り一生にそう何度もないでしょう。それだけに、一般の方は十分な知識がないまま、業者を選んでしまったり契約書に判を押したりしがちです。しかし、大きな額が動く不動産売却、ここは可能な限り慎重に臨むべきでしょう。
ここでは、福岡市東区の「えびす不動産」が、不動産売却で押さえておくべきポイントについてお話しします。

Point1
売却には費用がかかります!

不動産売却では下記のような費用がかかります。売却代金に比べると決して大きな額ではありませんが、出費を想定していないといざとなって慌てることになりかねません。事前によく把握しておきましょう。

印紙代

契約書作成に必要な印紙の代金(印紙税)です。なお、印紙税額は契約書に記載されている金額(取引額)で決まります。たとえば500万円以上~1,000万円未満なら「5,000円」、1,000万円以上3000万円未満の売買契約書には1万円分の印紙が必要です。

仲介手数料

売却が成立した際に不動産会社に支払う手数料です。こちらも印紙税同様、売却金額によりレートが変わりますが、一般に400万円を超える物件の場合は、売却金額の3%+6万円が仲介手数料となり、これに消費税が別途かかります。

司法書士費用

住宅購入に住宅ローンを利用している場合は、土地と建物に抵当権、担保権などが設定されています。この抵当権、担保権の抹消は司法書士に依頼して代行してもらいます。その場合の費用は数万~10万円程度で、抹消する投機の数が多いほど金額は高くなります。

譲渡所得税

不動産を売って、利益が出た場合には売却金額から諸費用を除いた所得に譲渡所得税がかかります。ただ、購入時の代金が不明であったり、少額であったりする場合は、譲渡額の5%を課税対象所得とすることもあります。

Point2
安心してまかせられる不動産会社か

果たして査定額で業者を選ぶのは正解でしょうか?そうとは限りません。他社を出し抜こうとして市場相場からかけ離れた金額を提示してくる業者が多いからです。そんな相手にまかせたとしても、希望通りに売却が進むわけではありません。では、何を基準に業者を選べばよいのでしょうか。

販売活動は積極的か

まず、業者を比較検討する際に重要なのは実績です。とは言え、実績と言ってもどこで判断するのかは難しいところですが、実績がある不動産会社は販売活動に積極的なことだけは確かです。売却を依頼すればわかることですが、そうした業者ほど折込やポスティングといったオーソドックスな広告媒体だけでなく、ネット媒体や業界のコネクションを駆使して確実に購入希望者を募り、早期の成約に向けて全精力を傾けてくれます。

えびす不動産もまた、地域に密着した営業力・機動力・情報力を生かして旺盛な広告活動、販売活動を展開しています。そのため、各種不動産ポータルサイトへの登録・掲載も積極的です。さらに現場でのオープンハウス開催による集客戦略にも余念がありません。

丁寧に説明してくれるか

不動産売却には宅建業としての専門的知識に加え、民法や商法など法令への造詣が欠かせません。それだけに、悪質な業者は難解な用語でお客様を煙に巻き、自分たちに有利なように契約を進めようとします。誠実で顧客を大切にする業者はその逆で、大事なことはお客様が納得の行くまで丁寧に説明してくれるもの。もし、その業者が売却のメリットばかりをあげつらい、どんなデメリットが懸念されるのかについて口をつぐんでいるようなら、信頼しないほうがよいでしょう。

依頼するお客様の側としても、ただ、業者まかせにするだけでなく、納得の行かないことがあれば徹底して聞きただす姿勢が必要です。そうした質問をしても曖昧に話を濁したり、契約を急ごうとしたりしたら、その業者との契約は見送るべきです。

TOP