お知らせ

ホームページリニューアル後の初投稿です。

仕入れた土地があるのですが、ことごとく境界立会が不調です。。

土地を買ったら、隣地さんとの境界をはっきりさせるために、土地の所有者と有資格者である土地家屋調査士さんと一緒に境界の確認をしていただいております。当社は主に実需の土地(一般のお客様が新築を建てたり、建売屋さんが新築を建てたり等)を扱うので、通常は代金支払いまでに境界を確定していただいております。なぜなら、買って販売した後に隣地さんと境界であーだこーだ揉めるといけないので、事前にはっきりさせておかなければならないからです。逆に投資用の一棟物だと重要なのは利回りなので境界確認とかもしないっぽいです。。

で、たまに隣地さんからブロックが越境していたり、樹木が越境していたり、はたまた軒が越境なんて場合があります。(逆にこちら側から隣地さんに対して越境というケースもあります)樹木くらいなら、枝や葉を少し切っていただくだけで越境は解消できますが、ブロックや軒なんてことになったら簡単に切るというわけにもいかないので、「将来建て替えややり替えを行うことがあれば越境を解消するように工事しましょうね」っていう覚書を交わすことでトラブルを回避したりしています。

近隣トラブル以外にも大事なのがありまして、もともと1つの区画を2つに切って分譲するときには、隣地さん(道路も)との境界確認が必須になるんです。境界が曖昧だと面積も等しく曖昧になってしまいますし。

当社で直面しているのは、「隣地さんからの越境」と、「境界はここじゃない」の2ケースですが、あまり詳しく書くと自分の首を絞めることになるので割愛させていただきますww

とにかく今日言いたかったのは、売買する予定がなくても、過去に境界確定をしていない不動産をお持ちの方は、万が一に備えて境界確定を済ませといた方が安心ですよってことです。

鬱憤を吐き出しとかないと自分が夜眠れませんwww

TOP